BRAND

  • SALE(MEN'S)
  • bal
  • C.E
  • VAINL ARCHIVE
  • PHINGERIN
  • N.HOOLYWOOD
  • Supreme
  • A.D.S.R.
  • FANTASTIC MAN
  • Goofy Creation
  • Reserved Note
  • TILT
  • ZEPTEPI
  • VANS
  • CONVERSE
  • THE NORTH FACE PURPL...
  • nanamica
  • Carhartt
  • VOO/LIF
  • BackChannel
  • SECOND LAB.
  • OAKLEY
  • DUMBO
  • Kuumba
  • MY LOADS ARE LIGHT
  • NIXON
  • hobo
  • SARCASTIC
  • spectator
  • waxpoetics
  • muzic
  • OTHER BRANDS
  • RAMBLE
  • STAR CHILD
  • SALE(LADY'S)
  • HARICOT ROUGE
  • made in HEAVEN
  • dual
  • KOBE HUSK

INFORMATION

店舗写真
RAMBLE鳥取
〒680-0831
鳥取県鳥取市栄町418
TEL 0857-29-9137

店舗写真

店舗写真
RAMBLE松江
〒690-0823
島根県松江市学園2丁目27−28丸新ビル002
TEL 0852-61-3771


CART

商品数:0点

合計:0円

お会計

waxpoetics

トップページ > waxpoetics > Wax Poetics Japan No.13
Wax Poetics Japan No.13

Wax Poetics Japan No.13

Curtis Mayfield
1970年代、ニューヨークのストリートはお世辞にも綺麗とは言えなかった。ゴミが散乱し、ヘロイン中毒者が数多く流入。そのうちの多くが、心身の傷ついたベトナム帰還兵だった。これが劣悪化した社会の1つの象徴となったのである。当時のニューヨークはビッグアップルならぬ、腐りかけのリンゴだった。そんな時代、ブラックスプロイテーション『Super Fly』の大ヒットにより大きな名声を残したカーティス・メイフィールド。今号では、15ページにも及ぶ彼の人生を大特集する。
Ralph Bakshi
『Fritz the Cat』や『American Pop』などのクリエイターであるラルフ・バクシは、ニューメキシコの山頂に座っていた。登頂するのに時間はかかったが、この一匹狼の画家、アニメーター、監督は、これまでの自分の人生と仕事を振り返って満足感に浸っていた。ブルックリンのストリートで育ち、厳しいハリウッド業界を生き抜いた彼は、年齢を重ねた穏やかさとアメリカ西部の美しい青空を手に入れながら、今も熱心に創造し続けている。
Iceberg Slim
数多くのラッパーから崇拝されているアイスバーグ・スリム。本名ロバート・ベックが小説『Pimp』を書き始めたのは1965年、47歳のときだ。『Pimp』はベックのかつての稼業を描いた作品である。しかし、80年代になると彼は人前に姿を見せなくなる。もともとゲットーでは伝説的な存在になっていたが、姿を消してからはさらに事実よりも神話が1人歩きするようになった。ロバート・ベックとはどのような人物だったのか? ワックス・ポエティックスは彼の人生を深く掘り下げる事に成功した。
Spike Lee
脚本家、監督、プロデューサー、作家として20年以上のキャリアを誇るスパイク・リーは、常に大衆のために作品を作ってきた。頻繁にブルックリンを映画の舞台に用いてきた彼は、ハリウッドから排除された人、またはハリウッドの歯車に縛られた人々に力を与えることに努めてきた。1986年発表の『She's Gotta Have It』はブラック・シネマのニューウェーブの到来を告げる重要な作品となり、彼は今も続く人種紛争における先制攻撃を打ち出したのだ。
Overton Lloyd
ファンクの総帥ジョージ・クリントンが創造した伝説のファンク・グループ、パーラメント、ファンカデリック。このPファンクとカテゴライズされるアーティスト達のアートワークを手がけてきたのが奇才、オヴァートン・ロイドだ。代表的な作品ではパーラメント『Motor Booty Affair』のアルバム・カヴァー・デザイン、79年のパーラメント『Gloryhallastoopid』、ブーツィー・コリンズ『This Boot Is Made for Fonk-N』などのジャケットを手がけている。
Santa Inoue
ブラック・カルチャーの要素を存分に取り入れた『TOKYO TRIBE 2』というコミックがヒットし、アニメ化もされた。同シリーズは現在『TOKYO TRIBE 3』を連載中だが、そこでは東京と横浜のギャング・チームの対立が描かれている。かつてウェストコーストにおけるギャングの抗争を思わせる。そんな作品を描いている漫画家・井上三太は、ブラック・ミュージック、ヒップホップ、そしてブラック・ムーヴィーにも造詣が深い。井上氏にワックス・ポエティックスはインタビューを試みた。
Also includes:

Creed Taylor
Billy Wooten
Masa Sextet
Onaje Allen Gumbs
Low End Theory
SOFT meets PAN
There Was A Time
DOOBEEIS
Yamaan
cro-magnon
AISHA
12inch Laboratory
ヴァイナル駅伝
Funk Archaeology




Wax Poetics Japan No.13
商品名 Wax Poetics Japan No.13
商品番号 waxpoetics
価格(税込) 1,234 円
ポイント 0 ポイント付き
発送日目安 1〜2日後
個 数
  在庫: 残りあと 1
在庫の詳細を見る
カートに入れる


カスタマーレビュー

新規コメントを書き込む